2018年7月5日

ほしぐみ(一時保育)からのお知らせ

H30年度 ほし組 プール遊びを始めるにあたってのお願い

 

プール遊びを始めるにあたってのお願い

 

水遊びのシーズンが近づいてきました。
保育園では、7月2日(月)にプール開きを行ないます。
毎年、プール開きの頃になると雨が続き水遊びがなかなかできませんが、子ども達が安全に、そして気持ちよく楽しくプールに入れるように、健康観察やプールの管理に十分配慮していきたいと思います。
お手数をおかけしますが、ご協力よろしくお願いいたします。

■持ち物
全ての持ち物に記名をお願いします。

・水着
できるだけ一人で着られるようなもの。
・水泳帽子
・汚れてもよいTシャツ
・水遊び用タオル
バスタオルではなく普通のタオル(フェイスタオル)にしてください。
・プールバッグ
手提げのついたビニール製の小振りのプールバッグまたはスーパーの袋でも結構です。
※上記の物が揃っていない場合は水遊びができませんのでご注意ください。

 

■水遊び出欠について
・ほし保育室の一時保育記入表に体温を記入し、○×でプールにはいれるか否かをご記入ください。

 

★★★注意とお願い★★★
■ 下記のチェック項目に該当するお子さんは、プール遊びも含め、水を利用する遊びはできませんのでご注意ください。
・平熱より体温が高い、または37.5℃以上ある
・下痢・腹痛がある
・とびひなど伝染性の皮膚疾患のあるとき(じくじくした傷も含む)
・水いぼが多発しており、覆えないとき(下記◎参照)
・目・鼻・耳に病気があるとき
・目ヤニ、目の充血があるとき
・咳がひどい
・ぜいぜいと呼吸がいつもと違う(喘息の兆候があるとき)
・鼻水がひどいとき
・睡眠不足
・食欲不振
・疲労で体調がよくないとき
・内服中や貼り薬(ホクナリンテープなど)を使用しているとき
・高熱の後、3日間たっていないとき
・手足口病・ヘルパンギーナなど感染症後、熱が下がり、症状が落ち着いてから5日間たっていないとき
・頭しらみがある

◎水いぼの場合は、水着や防水テープなどで全て覆えれば、プール可です。症状がひどいときは、水遊び程度にすることもあります。

■ 保護者の方の判断と園長・看護師の判断が異なった時はご相談させていただく場合があります。

■ 髪の長い子・・・☆必ず髪飾りのついていない太いゴムで結んで来て下さい。
※細いゴムは水に濡れると取る時に、髪が引っかかってしまいます。