園のおたより

2019年1月号より抜粋

 

あけましておめでとうございます。

年末年始のお休みはいかがでしたか?子どもたちはお家の方と充実した時間を過ごしたことでしょう。さて、いよいよ年度の締めくくりとなる大切な時期になってきました。たいよう組は就学に向けて意識が高まっていますが、他の子どもたちも進級へ向けた準備が始まっていきます。特につき組とにじ組の子は、部分移行・完全移行のスタートとなります。徐々に進級後のクラスの活動となっていき、活動時間やお仕事の内容が少しずつ変化していきますので、子どもたちにとっても新鮮な日々になることでしょう。そうはいっても、新しい環境や活動に対して不安な気持ち、少し難しいのではないかという心配事は、子どもだけでなく保護者の方も当然出てくることと思います。子どもたち一人ひとりの様子に合わせて柔軟に援助をしていきたいと考えておりますので、何かお気づきの点がありましたら小さなことでも構いませんので、連絡帳や保育士までお知らせください。姉妹園のきらら保育園では年末にインフルエンザがもう流行ってしまったとのことです。これからインフルエンザに加えノロウィルスが流行る時期です。健康に気をつけて元気に過ごしていきましょう。本年も宜しくお願いいたします。

 

 

■クリスマス会のアンケートありがとうございました!

先月のクリスマス会では、多くの方のご来園、ご協力ありがとうございました。
保護者の方々のアンケートもありがとうございました。全職員が読ませていただいております。感想・労い・励まし・感謝の全ての言葉は、とても良い励みになっております。
以下、一部のアドバイス・ご意見・質問をご紹介、お答えします。※要約の都合上、多少表現を変えています。

★プログラム記載のタイムテーブルについて
→これは大変好評でした。なかなかその通りにはできないですが(実際、時間通りとはいきませんでしたが)、それでも保護者の方から喜んでいただけたようで良かったです。運営側としましても自然といつも以上に時間を意識することができ、例年よりもかなりスムーズに進行できたと自覚しています。 ちなみに、このタイムテーブルのアナウンスについては、昨年度の保護者アンケートでいただいたアイディアです。

★ページェントの背景画がなかったのは何故ですか?
→ご指摘のものは「宿屋」だと思うのですが、裏方の職員人数配置の都合上、省略してしまいました。プログラムの順番が早いほど、大道具係などの裏方配置できる人数が少ないのです(プログラムが進むと、乳児クラスの職員たちが裏方に回ることができます)。その年の職員状況だけでなく、子ども達の様子やその後のプログラムの内容等によっても裏方に配置できる人数が変わっていくのですが、今年のページェントの時点では大道具係1名からのスタートでしたのでこのようになりました。しかし、ご意見いただいてよくよく考えると、裏方全てを大人がやるのではなく、子どもたちに手伝ってもらえればよかったな、と思いました。例えば今回の場面でも、ナレーター役の子どもたちに宿屋背景画を持ってきてもらうなどして手伝ってもらえばできたと思います。

★ページェントの内容が変わったのは何故ですか?
→子どもたちと練習している間にアイディアが浮かんだり、子ども達からアイディアやリクエストをもらったり等で、毎年少しずつですが内容は変わっています。
姉妹園もページェントをやっているのですが、先生や子どもの個性などで年々変化しています。スタートは全く同じ台本だったはずなのに、今では姉妹園で大分違ったページェントになっています。園それぞれの個性と歴史が一番反映されたプログラムかもしれませんね。

★モニター前の席の使用基準は? →モニター前席の使用基準は特にございません。

★ほし組のモニター音量が小さかった。→確認不足でした。気を付けます。

★モニターを増設してほしい。また、解像度を向上させてほしい。
→このご意見も数件いただきましたが、設備に関してはどうしてもコストが絡んでくるため、年に一度のための設備として限界があることはご容赦下さい。カメラ・モニターを導入して数年たちますが、設置時点では性能もまずまず良いものでした(コスト的にも決して安いものではありません)。次の買い替えのタイミングでは当然もっと良いものにできると思うのですが、もうしばらく現状にてご容赦下さい。

★モニターについて、販売用DVD用のカメラの映像をリアルタイムで流すことはできないか?
→ホール入口(階段前)のモニターであれば、不可能ではないかもしれません。
業者側の設備も使うことになるため、実際できるかはわかりませんが、来年度試してはみます。
(※ほし組モニターは無理です)

★うがいや水分の補給をしっかりしてほしいので、コップは持ち物に入れてほしい。
→水分補給については、自身のプログラム中以外では自由に行うことができます。
保育士もより気を付けて配慮していこうと思います。
コップが必要かどうか含めて、来年度にむけて検討させていただきます。

★入口の看板の所が写真撮影で混んでしまうので、他の場所にも写真スポットを作ったらどうか?
→これは卒園児の意見だそうですが、「なるほど」と思いました。ただ……難しいですね……。

★アンケートの目的が来年度の参考(事業評価や改善)なのであれば、無記名であるべきでは?
→確かにそうかもしれません。ですが、無記名のご意見に応える余裕はなかなかないと感じています(モチベーション的にも)。また、経験上、記名式の方が(運営側にとって)建設的なご意見をいただけることが多いとも感じています。

★保護者の方のマナーについて
→狭くて不都合な会場・つたない運営にかかわらず、ほとんどの方がマナーを守って上手に譲り合いながらご観覧していただけたことに心より感謝しております。
しかし、一部の方のマナー違反があったことは残念です。アンケートでは、ipadなど大きな撮影機を掲げての撮影、荷物を置きっぱなしでの席取り(それだけでなく、長い時間空席状態)といった件がご指摘されていました。また、アンケートでは書かれていないのですが、自分の子どものプログラムではないからといって大きな声でおしゃべりをしている方がいらしたようで、大変残念がっていた保護者の方をお見受けしました。昨年度のおたよりでも書きましたが、クリスマス会は「教育の場」でもあります。ご観覧下さる保護者の方も、子どもに恥じないような態度をお願いしたいです。